資金調達のために知っておきたい調達方法

>

長期的な目線での資金調達

助成金とは

返済が不応な資金調達に助成金と補助金とがあります。
この違いは意外と知らない方も多いかもしれません。
ともに、返済が不要であるところは共通しています。
それぞれを詳しく見ていきます。
助成金は、厚生労働省が管轄しています。
そのため、従業員の雇用や労働環境の向上、教育支援といった労務にかかわる質の向上を目的としているものがほとんどです。
申請して審査を受け、審査に通れば支給されます。
ただし、申請するには提示されている条件を満たしている必要があり、満たしていないと当然申請はできません。
年間を通じて随時募集しているので、要件さえ満たせば何時でも申請できます。
申請から受給まで時間を要すること、使用目的が限られているという所はデメリットと感じられるかもしれません。

補助金とは

補助金を管轄している省庁は、経済産業省となります。
その名の通り経済を円滑に回していくため企業の成長に尽力している省ですから、補助金の目的は事業の円滑化です。
新規事業の立ち上げや設備投資などに対して補助が行われます。
助成金と違い、いつでも申請できるものではなく、募集期間が決まっていることが多いようです。
その期間も結構短く、申請するための資料作りなどの準備にコストがかかってしまう点がデメリットになります。
努力が徒労にならないよう、申請の期限はしっかり確認しておくようにしましょう。
助成金も補助金も予算の上限があります。
要件を満たしているからといって必ず受給できるとは限りませんので、そこも要注意です。


TOPへ戻る