資金調達のために知っておきたい調達方法

>

事業資金を安定させるためのやりくり

代表的な調達方法は4つ

事業資金の調達のために、各金融機関や自治体などは様々なサービスを行っています。
大きく分類すると「融資」、「助成金」、「ファクタリング」、「出資」に分類されます。
「融資」は銀行や信用金庫から借入をしたり、ビジネスローンなどを申し込むことで資金を調達する方法です。
銀行が行っている融資にはプロパー融資という、その銀行の判断で貸し付ける方法や、信用保証協会の保証を付けた融資、不動産などを担保として資金を貸し出す融資など様々です。
これらの融資は、申し込みをして審査を通過して晴れて融資実行となるため、調達に時間がかかるというデメリットがあります。
支払いへの資金不足といった急ぎで調達が必要な場合は、ビジネスローンやカードローン等も検討する必要があるかもしれません。
通常の融資と異なり、審査時間が短いというメリットはありますが、金利が高めであることがデメリットとなります。

融資以外の調達方法

銀行融資やビジネスローンとはちがう「ファクタリング」はどのような調達方法でしょう。
簡単にいえば、売掛金を買い取ってもらう資金調達方法です。
売掛金は、相手先の支払いスキームに沿って支払われるため、売った側の都合の良いタイミングで支払われるとは限りません。
支払いの時期が来れば現金になる仕組みで、それを買い取る業者というものが存在します。
それがファクタリング会社です。
ファクタリングは、金融機関とは違いビジネスローンのように調達までの時間が少ないのと、返済の必要がないので、安定した資金調達として注目されています。
ただし、手数料などが引かれてしまうので、本来の売り上げよりも目減りしてしまうことに注意しましょう。


TOPへ戻る