資金不足解消!ビジネスサポートの種類を知っておこう

資金調達のために知っておきたい調達方法

資金を調達する方法

事業を継続していくためには、従業員に支払う賃金(人件費)や事務所の家賃、仕入れ代金、光熱費など様々な経費が必要です。
また、企業を成長させていくためには、取引量を増やしたり新規の事業を立ち上げたりと、事前に資金を準備することが必要な場面もあります。
潤沢に事業に投入できる資金を確保することができれば、着実に取引量を核だしし、事業拡大を図ることができます。
しかし、資金の調達が一時でも停滞してしまうと、事業の拡大が頓挫するばかりか事業自体を躓かせてしまう可能性もあります。
資金は血液に例えられることが多いです。
常に流れていなければならず、止まってしまうと命を落とすことになりかねません。
特に物品を流通させて売り上げを上げる事業の場合、仕入れが必ず発生します。
そして、売り上げが発生する前に仕入れの支払い時期が到来するということになります。
そうなると、売り上げが上がっていても支払いに間に合わず、倒産の憂き目にあうという、いわば黒字倒産という事もあり得ます。
お金の出入りのタイミングをしっかりと把握し、前もって資金の確保を確実に行っておかなければ、事業を継続していくことは難しくなります。
事業は始めたら売り上げを延ばし、事業を拡大していくことが使命となります。
売り上げを増大させ、資本を増やしながらヒトやモノに投資を行うことで事業を拡大していくわけです。
安定した経営を行っていくためには、事業で必要な資金を必要な時にしっかり準備できるようにしておくことが大切なのです。

TOPへ戻る